家を建てる時の綿密かつ緻密な戦略

家を購入する際に入念に下調べをし、自分たちが特にこだわりを持っているサウナや大理石の廊下、また茶室などをしっかりと備えてもらいました。
また子どもたちの部屋も十分に広くしてもらいかなり良い雰囲気になりました。ただ、思っていたよりも壁が薄かったのと扉が閉まりにくい箇所が何個かあったのは残念なポイントでした。

まずは、徹底的に自分が理想とする住宅を絵や言葉に出して書いてみることです。
住宅を建てるというのはそれなりにお金もかかりますし、後から修正しようと思ってもなかなかうまくいかないことの方が多いです。ですので、妥協は絶対しないようにしてください。
また私の経験から細かなところの確認は必要です。私の場合壁の薄さやドアの開け閉めのことに関しては配慮していませんでした。
そういった普段見落としがちな部分も追求するのも忘れないようにしてください、

自分で入って確かめるという作業を徹底しておこなったり、また他の人の意見を参考にしてみることも大事です。